忍者ブログ
2007年1月8日設置
[766]  [765]  [764]  [763]  [762]  [761]  [760]  [759]  [758]  [757]  [756
黄金聖闘士がフィギュアスケート選手だった場合。
五輪で金を取るのはムウだと思う。完璧に仕上げて文句無くとると思う。
銀がサガ、銅がミロという気がする。
サガは最強と言われ続けながら膝の故障に泣かされてシルバーコレクターと化した挙句、現役最後の五輪でついに金を取ってリンクの上で号泣するタイプのような気がする。なんとなく。
ミロはその逆で、下馬評ではまあ5~6位圏内と目されていたものの、本番でライバル達が次々五輪の魔物に取りつかれる中空気を読まずに自己ベスト更新、演技後半から笑顔全開で終わった時にガッツポーズし、今大会最初のスタンディングオベーションを取ってしまう気がする。
そしてその魔物に取りつかれるライバルがカミュのような気がする。彼はなんか、4回転とか採点方法の変更とかで一番苦しんでいそう。ジャンプより表現派。
  
シャカは芸術的過ぎて演技構成点が延びず、凄い事をやってるけれどそれは加点対象にならないみたいな技を連発し、個人のこだわりによって確信的にODAるため解説と審査員を困惑させ、当たり前だが点数はのびない。やってることが特殊すぎてその技を認めようという動きも起きない。彼のことは引退するまで好きにさせとこうという保留対象になる。

デスマスクはエキシビションが一番良いといわれるタイプ。そしてストレートラインステップが派手。
アフロディーテはスピンが美しいと評価されたりもするが、シーズン直前にコーチと決別、人気モデルと密会デートなどリンク外のネタの方が報道されるタイプ。
シュラは技術は凄いが表現力がのびず、そして自分に合った曲もなかなか見つからないみたいなことになりそう。とても良い選手なのでみんな彼にメダルを取らせてあげたいが、どうしても届かないという。
アイオリアは4回転に全力投球、もう4回転はいいから表現力をなんとかしろと全ての人に思われながら究極の4回転を目指し続けて猛進、ただ五輪ではその4回転が絶不調で、演技後に氷を叩き割りながら悔しがる。
アルデバランはアナウンサーと解説に、「見ているこちらまで元気にさせてくれる、そんな選手ですね~」「そうですね~」と、常に新人のような扱いでほのぼの説明されながら、大会の序盤で滑ってる気がする。


なんとなく、そんな感じがした。
PR
[766]  [765]  [764]  [763]  [762]  [761]  [760]  [759]  [758]  [757]  [756

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]