忍者ブログ
2007年1月8日設置
[725]  [724]  [723]  [722]  [721]  [720]  [719]  [718]  [717]  [716]  [715
ふと、思ったのですが、今まで見た映画の中で一番悔しかったのは「アルマゲドン」だったと思います。

下品な登場人物、ありがちなストーリー、消化不良で終わる伏線。
間違い無く駄作のはずなのに、どうしても最後泣けるという。

なぜなんだ・・・主人公もその娘もその彼氏もとてもどうでも良い。
それなのになぜ。
PR
[725]  [724]  [723]  [722]  [721]  [720]  [719]  [718]  [717]  [716]  [715

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]