忍者ブログ
2007年1月8日設置
[216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206

カエ「・・・・・早ぇな、ベニナギナタ」
ベニ「!・・・おはようございます」
カエ「眠れたかい」
ベニ「は、はい・・・」
カエ「やめな、嘘が下手だお前ぇは」
ベニ「・・・・・・・。あ、あの、お食事がもう出来ています。どうぞ、座って」
カエ「ん?ああ・・・」
ベニ「・・・・・・・・・・」
カエ「・・・・・・・・・・」
ベニ「・・・・・・・・・・」
カエ「・・・・・・・・やめだ。俺ぁどっか他所で食ってくる」
ベニ「え・・・?ま、待ってカエンタケ!まってくださ・・・・!」

ツマ「カエンタケちゃああああああああんッッ!!!!た、た、大変よぉぉぉぉぉぉぉーーーーぅッッ!!!」

カエ「!またうるせえのが・・・・なんで俺まで気色悪ぃ呼び方してやがる」
ツマ「カエンタケちゃんッ!ちょっとッッ!ちょっと大変なのよッッ!!あらッ!?何なのアンタたちッッ!?なんでベニちゃんにご飯作らせてんのカエンタケちゃんッッ!?もしかしてもう夫婦なのッッ!?」
カエ「蹴り飛ばされてぇのか腐れキノコ。これぁこいつが好きでやってんだ」
ベニ「わ、私は、その、置いていただいている身分ですから・・・・お食事の支度くらいはせめて・・・・」
ツマ「お掃除はッ!?」
ベニ「それもいたします・・・」
ツマ「お洗濯はッッ!?」
ベニ「そ、それもいたします」
ツマ「結婚はッッ!?」
ベニ「け・・・・!!そ、それは、い、いたしませんっ」
ツマ「んまぁーーーッッッ!!最低だわッ!!カエンタケちゃんッッ!!!」
カエ「おいうるせえの。10数える間に失せろ。てめぇのドタマの托枝叩き潰されたくなかったらな。一、ニ、三・・・・」
ツマ「ちょ、ちょっと違うのよッッ!!それどころじゃないのよッッ!!ドクツルちゃんが大変なのよーぅッッ!!」
カエ「六、七、あいつらの茶番見るのはもうごめんだ、八・・・・・」
ツマ「違うのッッ!!刺されたのよッッ!!」
ベニ「!?」
カエ「九・・・・・なんだと?」
ツマ「スギヒラタケがシロちゃんを刺そうとしたのッッ!それで、シロちゃん庇ってドクツルちゃんが刺されちゃったのッッ!!あっちで倒れて動かないのよッッ!!救急茸呼んでちょうだいなのよーぅッッ!!!」
カエ「・・・・・本当か?」
ツマ「本当よーぅッ!」
カエ「なんでそれ早く言わねえ!!ベニ、ここに呼んどきな。俺ぁドクツルタケ連れて来る」
ベニ「は、はい!」
カエ「場所どこだツマミタケ!」
ツマ「あっち、あっちとそっちの間のあっちよーーーーぅッッ!!!」
カエ「くそっ・・・・全然要領得ねぇ・・・・!」



シロ「ドクツルタケ・・・ドクツルタケ、しっかりして、目を開けて・・・・お願いだよぉっ」
ドク「・・・・・・・・・」
シロ「うっ・・・・ううっ・・・・・」
スギ「スギ・・・わるく、わるくないもん・・・・スギは・・・・スギは・・・・・・」
シロ「ドクツルタケ・・・・っ・・・・ドクツルタケぇっ・・・・」
スギ「でも・・・・でも死んじゃったらどうしよ・・・・ドクツルタケ死んじゃったらどうしよ・・・・」
シロ「や、やめてよ・・・・!」
スギ「ねえどうしよ、どうすればいい?ドクツルタケ死んじゃったら、スギどうすればいいの?ねえシロフクロタケ、どうすればいいの、スギはどうすればいいのぉっ!?」
シロ「やめてってば!!わかんないよ!やだよそんなのわかんないよ!やだよやだよドクツルタケぇっ!!」
ドク「・・・・・・・・・・シロ」
シロ「!!ど、ドクツルタケ!?気がついたのっ!?」
ドク「・・・・・・・スギヒラタケ・・・逃がせ」
スギ「!」
シロ「えっ?な、なに?」
ドク「このままじゃ・・・・警察に・・・・・そいつ・・・・・」
シロ「ドクツルタケ・・・・」
スギ「・・・・・・」
ドク「・・・・・・・・・あと・・・」
シロ「な、なに!?」
ドク「・・・・・今なら・・・・・聞いてくれそうだ・・・から・・・・・・」
シロ「なに・・・・?」
ドク「俺・・・・・おまえのこと・・・・」

ツマ「シロちゃあああああああああああああああああーーーーーんッッッッ!!!!」

シロ「ツマミタケママ!!こっち、こっちだよぉっ!!!!」
ドク「・・・・・・・・・・」
ツマ「ドクツルちゃんッッ!!今お医者さんに連れてったげるわよーぅッッ!!」
カエ「おい、しっかりしろおい!・・・ダメだ、意識なくしてやがる」
シロ「うそっ!?だって今まで・・・ドクツルタケ!やだよぉドクツルタケ!!」
スギ「・・・・・・・」
カエ「!スギヒラタケ」
スギ「!」
カエ「お前ぇいつまでそんなもんぶら下げてやがる!よこせ!」
スギ「あ・・・っ!」
カエ「こんなもん振り回しやがって・・・・とっとと失せろ!!二度とこの近辺うろつくんじゃねえ!!」
スギ「っ!・・・・・」

・・・・・・・

ツマ「ちょっとーぅッ!いいのッ!?あのコ逃がしちゃってッッ!!」
カエ「未練があんならてめえで追いかけな。それよりドクツルタケ運ぶぜ。俺んちだ」
シロ「あ、ありがとうカエンタケぇっ・・・」
カエ「泣くのは医者に診せてからにしろ。急ぐぞ」
シロ「うんっ!」
ツマ「あッ、待ってッ!アンタたち足速いわよーーーぅッッ!!」
PR
[216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]