忍者ブログ
2007年1月8日設置
[813]  [812]  [811]  [810]  [809]  [808]  [807]  [806]  [805]  [804]  [803
北村に女がいました。

セクション「人間関係について語る」で判明した。
野郎どものマンションに女が二人遊びに来た。
一人はケイトというブティックに勤める女性。
ちなみに北村がピーター、ウエンツがニールという名前だということも判明。

欧米における「ピーター」のイメージってこんな感じなのかな。
サンドラ・ブロック主演の映画「あなたが寝てる間に」に出てくるピーターも、なんかこういう、眉毛も胸毛も濃い系の男だった。
二ールはわかる気がする。

玄関先で出迎えたのはピーター。
やあケイト、今夜も魅力的だね、とか何とかいいながらデレデレしている。彼女がピーターのコレなわけである。

だが騙されるなよピーター。この女、ドラマの導入部で、
「私の理想のパートナーはー、背が高くて頭が良くて、お金持ちで成功していてー、男らしくてたくさん働いて気配りができてやることはやってー、そして私を敬愛してくれる人なの!たぶんピーターが運命の人だと思う。彼、成功してるし!」
とか言っちゃうような女だぞ。
かつ、かなり前のセクションの話になるが、勤め先で「店長と社長ができてる」という根も葉も無い噂をでっちあげて客に吹聴したのもこの女だ。
店長は、仕事経験が無いが雇って欲しいと面接に来た彼女を、悩んだ末に「きっとすぐにできるようになるわよね」と雇ってくれた良い人だったのだが。


そしてケイトも騙されんな。

ピーターは「俺この先10年は結婚する気無いわ」っつってたからな。さっき。


カタストロフしか感じないよ。恐いよ。
「今夜も魅力的だね」
「ふふっ、今夜だけ?」
「ハハハ」
とかいちゃついてる二人が恐いよ。大人の世界が汚いよ。

で、そんなケイトが連れてきた子が、エマ。
過去のセクションにおいて大学卒業後に平和維持活動に参加したいと考えていた、そして娘が遠くへ行ってしまいそうな事に狼狽した親父を優しくつきはなしていた、華やかさは無いが明るい良い子だ。
ピーターはこちらにもデレた笑顔を向ける。

「はじめまして。君のことはケイトから聞いてるよ」
「はじめまして。お会いできてうれしいわ」

とかやってるところへ二ールも台所から登場する。

「やあ、こんばんは・・・」

言いかけて。
その顔が強張った。

「君は・・・!」
「!あなたは・・・!」

まるでさっき曲がり角でぶつかった奴じゃん!と言わんばかりの顔で見つめあうニールとエマ。
驚いたケイトが尋ねる、

「あら知り合い?」
『いや、・・・!』

同時にしゃべろうとして同時に黙り、何を言えば良いのかわからなくなる二人。
ここで、「奇遇だね。さて、なにか飲もうか」と如才なくふるまうピーターは、さすが胸毛が生えていそうなだけのことはある。
二ールはとりあえずケイトに挨拶した。そして再びエマに向き直ったが、彼女は既に背を向けて振り返らなかった。
しばらく彼女を見つめていたものの、結局二ールはあきらめて台所に戻って行ったのだった。


・・・・・・・・・・

どうなるの。これは。
後半ほとんど会話が無くなって、「この雰囲気を楽しめ」と言わんばかりの間の連続だったけど。ありなのそれは。語学の教材として。

どうなるのよ!
PR
[813]  [812]  [811]  [810]  [809]  [808]  [807]  [806]  [805]  [804]  [803

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]