忍者ブログ
2007年1月8日設置
[412]  [411]  [410]  [409]  [408]  [407]  [406]  [404]  [403]  [402]  [401
ラファエロの傑作で「小椅子の聖母」という絵があります。
マリアが幼子イエスを膝に抱っこしてこちらを見ている、とても優しくて美しい聖母子像です。

常々、この絵をムウと貴鬼でやったらほとんど何の改変もなくいけるだろう、と思っていました。
そこでやってみました。

↓下書き





どうです、いい感じじゃありませんか。
マジで元の絵そのまんまでいい。イエスの髪型すら貴鬼を意識しているとしか思えない。
そのくらいぴったしです。

で、上の下絵にルネッサンス意識でリアルに彩色をしていきます。
と。


↓ こうなった





キモい。


なんだこの気持ち悪さ!
聖母子像だと思えばそれほどでもないけど、これ男なんだと思うとすげえええ気持ち悪い!!!
私の彩色にセンスが無いのか・・・いやしかし、そもそもラファエロオリジナルの方もマリアを男だと思うと絶妙に気持ち悪い。

新たな発見だ・・・

綺麗にいくならミスティを差し替えようと思ったんですが、どうだろう・・・ちょっとこの絵は・・・ねえ。
来た人が吐いても困るし・・・
PR
[412]  [411]  [410]  [409]  [408]  [407]  [406]  [404]  [403]  [402]  [401

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]