忍者ブログ
2007年1月8日設置
[714]  [713]  [712]  [711]  [710]  [709]  [708]  [707]  [706]  [705]  [704
アメリカとイランが固い握手を交わし、プーチンがジャック・ロゲに直談判に行くと宣言した、五輪レスリング問題。
ロゲ、早く逃げろ。平和の敵に認定されるぞ。

一方テコンドー残留について、日本ではロビー活動がどうのこうのと言われていますが、あの競技の欧州受けが良いのは事実のようです。

というのは、私がですね、昨年スペインに行った際にですね。
現地在住の日本人青年がガイドについてくださいました。
若く、礼儀正しく、さわやかで控え目な人でした。

が、そんな彼が、ガイドと言うのは仮の姿、その実は師匠に命じられて二十歳で単身スペインに乗り込んだ元全日本王者の空手家だということがほどなくわかりました。
ある日突然、お前は空手を広めに行って来い!と師匠に言われたのだそうです。
すげえよ。どこの少年漫画だよ。マジでスペインにシュラいたよ。
筋肉触らせて下さいましたが、凄かった。見た目はスリムに見えるのに。

で、その人が言ってたんですが、ドラゴンボールが流行ってた頃は空手も人気があったと。
しかしそのブームが終わった現在は今一つだと。
というのも、空手は精神や型から教えていくが、それがスペイン人の気質にさっぱり合わないのだと。
彼らは精神論を語る空手よりも、いち早くサンドバッグを殴らせてくれるテコンドーに行くのだと。

そうおっしゃっていました。現実にテコンドーはブームなんだそうです。
というかむしろ、今凄いのはテコンドーです、ぐらいの温度感でした。
だから、五輪競技が欧州主体で決められているなら、割と残留すべくして残留したのではないでしょうか。

この経験があったので、私はテコンドーが除外対象科目になるかも!というニュースを見た時、少し意外に感じました。
で、その後、なぜかテコンドー残留!みたいなニュースになったので、かなり本気でマスコミによる情報操作を疑いました。
読者ウケがいいからってわざと反韓感情煽ってないか・・・?なあ・・・?
なんかもう、何も信じらんねえな。

卒業旅行等で思い切った予算と時間が取れるなら、一度は外国に行ってみるものです。
どんなにインターネットが普及しても、手の届く情報はやっぱり偏っていますからね。

ただ、その空手家さん曰く。
卒業旅行でやってくる日本の男子大学生が色々オシャレをしているが、あれはこっちでは完全にゲイとみなされるのでやめてほしい、ガイドとしても連れ歩くの凄い恥ずかしい。
とのことでしたので、そこはくれぐれもご注意ください。
PR
[714]  [713]  [712]  [711]  [710]  [709]  [708]  [707]  [706]  [705]  [704

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]