忍者ブログ
2007年1月8日設置
[807]  [806]  [805]  [804]  [803]  [802]  [801]  [800]  [799]  [798]  [797
英語学習・軍隊コースを修了して、私の心に刻みつけられた英語が

「Charlie Charlie, this is Zero. Send SITREP. Over」
(チャーリーチャーリー、こちらゼロ。状況を報告せよ。どうぞ)

「Zero, this is Charlie Charlie.Roger so far?.Over」
(ゼロ、こちらチャーリーチャーリー。了解したか?どうぞ」

のみ。
チャーリーチャーリーというコードネームが会話の中で目立ち過ぎて、状況がまったくつかめないまま終わった。
アルファベットの軍隊式読み方も、Cはチャーリー。あくまでチャーリー。どこまでもついてくるチャーリー。
それと、ロジャーの汎用性が高い。(Roger so far、Roger out など、用語として使われまくる)


もうチャーリーとロジャーしか頭の中に入ってないよ・・・
強いて他をあげればVIPが来るから床屋に行けと言われたくらいか。
なにを勉強したのだろう。私は。
PR
[807]  [806]  [805]  [804]  [803]  [802]  [801]  [800]  [799]  [798]  [797

Copyright © 『日記』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]